GLOBAL LINK MANAGEMENT INC.

About

投資用不動産業界の未来

投資用不動産業界の未来

投資用不動産業界の未来は人口動態や経済情勢に大きく左右されます。そのため短期的な目線ではなく、より長期的な目線で考える必要があります。当ページでは、東京の不動産投資の景況から、ITやAIで変わる不動産投資まで、さまざまな観点から投資用不動産業界の未来を紹介します。また、各トピックスに対して、当社で取り組んでいる事例も合わせてご紹介します。


増え続ける東京の単独世帯

2015年時点で約315万世帯だった東京都の単独世帯数は2035年までに約345万世帯になると言われており(※)、ワンルームマンションの需要は増える見込みです。一方で、ワンルームマンションの建築を規制する自治体が増加しており、物件供給は制限されている状態にあります。今後、需要に対しての供給不足がさらに拡大することが考えられるため、物件価値が上がりやすい状態にあると考えられます。

  • ※出典:東京都政策企画局『2060年までの東京の人口推計』

GLM Topic 市場ニーズに応じた物件開発

当社はすでに、供給が不足している23区内の単独世帯向けマンションの中でも、都心から近(チカ)く、駅から近(チカ)く、地価(チカ)が高い、3チカ物件を中心に不動産ソリューションを提供しています。現在、東京オリンピックの影響もあり資産価値が高騰している東京で、今後も市場ニーズに応じた物件開発をし、長期的な豊かさの実現に努めていく方針です。

低リスクで資産形成・運用できる不動産投資

消費税増税や年金問題など、今後の先行きが不安定な中で、お金に対する不安は誰もが抱えています。また、終身雇用の時代が終わり、企業に依存することにリスクが伴うようになったため、自身で資産を保有し、運用することの重要性が増しています。そのような中で、リスクが少なく資産を保有・運用できるのが不動産投資です。

GLM Topic より安心して運用していただくための仕組みづくり

当社ではより安心して資産を運用していただくために、家賃収入最大35年間・7年ごとに見直しのサブリースシステムをご用意しています。サブリースシステムとは、オーナー様のお部屋を当社が入居者として借り上げるシステムです。そのため、オーナー様にとっては空室の心配がなく、安定して家賃収入を得ることができます。家賃の更新は通常2年ごとのケースが多いのですが、当社では7年ごとの更新で1回当たりの見直しの金額幅は、下限5%以内に収めることができるので、より安心して運用していただける仕組みとなっています。

RETechによる不動産情報の透明化

近年、「不動産テック(RETech:Real Estate Tech)」という言葉を頻繁に目にするようになりました。
金融×ITによるFinTechに続く動きとして、日本国内だけでなく世界でも注目を集めています。不動産テックは、インターネット、AI、VR(仮想現実)などのテクノロジーを使って、開発、販売、管理など不動産取引に関わるあらゆることをIT化し、ビジネスに変革をもたらそうというものです。現在のRETechサービスは、物件情報の提供を行いマッチングするものや不動産業者に対する業務支援・業務効率化のサービスを行うものが多く、これまで不透明だった不動産価格の可視化や査定を支援しています。IT化が進む中で、不動産情報も透明化されつつあります。

GLM Topic お客様自身に正しい知識を身につけてもらう

不透明性の高かった不動産情報がIT化に伴い透明化される動きは当然ともいえます。当社でも物件の空室状況をWeb上に公開するなどしていますが、ここで重要になるのは消費者のリテラシーの向上です。当社では「ゼロからはじめる不動産投資」というWebメディアを通して、不動産投資に関わる正しい知識を身につけてもらうサービスを提供しています。また、「Mansion Tech」というアプリでは、不動産投資に関わる一連の流れをアプリ化することで、Web上で不動産投資の専門家のコンサルティングを受けることを可能にしています。

マクロトレンドからみる不動産投資の未来

これまで述べてきた通り、日本、なかでも東京の不動産は非常に恵まれたビジネス環境にあると考えられます。また、IT化が進むと大量のデータを取得できるようになり、今まで以上に統計分析の精度を高めることが可能になります。実際に、金融分野ではAIが収集・分析した情報を個人投資家の資産運用に活用するという動きが始まっています。不動産投資における大きなネックとなっている「物件価値の妥当性」も、AIを導入することで取引価格などの透明性の確保が進んでいくとみられています。物件価値が適切に評価されるようになったときに、東京の不動産はさらに注目を集めるのではないでしょうか。

GLM Topic ”豊かさ”の提供に繋がる領域で最先端のサービスを

AIの精度を高めるためには、不動産取引に関わるデータをいかに大量かつ多面的に蓄積できるかがカギとなります。それがなければ、精緻な情報分析ができず、資産運用を安心して任せることができません。当社がより多くのデータを取得する上で他社にない強みとなっているのが、開発から管理までワンストップでソリューション提供している点です。土地所有者・投資家・入居者の3方向からデータを収集することを可能にしています。また、創業以来、東京を中心とした不動産ソリューションを展開しているため、今後も需要拡大が見込まれる東京に関する知見を先だって獲得できていると言えます。これからもITを活用しながら強みをさらに伸ばし、より多くの人に”豊かさ”を届けていきたいと考えています。

Recruit

挑戦の数だけ成長できる。
さぁ、新しい一歩を踏み出そう。

Entry