GLOBAL LINK MANAGEMENT INC.

お客様と対等な立場で、
お互いの夢を支援する
パートナーに

2015年入社

又野 知弥

アセットマネジメント営業部
課長

Profile
北照高校では野球部に所属し、春夏と連続して甲子園へ出場。高校卒業後は東京ヤクルトスワローズに入団する。退団後、2015年にグローバル・リンク・マネジメントへ入社。

お互いをよく知り、お客様と同じ方向を向く

私は入社前までプロ野球の球団に所属していて、当時は野球以外のことをやる気はまったくありませんでした。プロ野球のトライアウトの日に入社のお誘いをいただいたときも、東京の不動産会社は私にとってそんなに良いイメージがなかったので、少し身構えていたんです。
しかし、話を聞くうちに、不動産を使った資産運用というものが、自分の思っていたようなハイリスクなものではなく、むしろ人に安心を提供できるものだと感じるようになって、入社を決意しました。また、社長や専務のお客様を大切にしている想いを面接でお聞きする中で、その想いを自分も仕事で体現していきたいと思いました。

入社以来続けている営業の仕事は、まさしくこの想いをお客様に直接伝える仕事です。ただ、実際に営業として働き始めると、この想いを伝えることがこんなにも難しいのかと実感することも少なくありませんでした。不動産の知識はゼロからのスタートでしたし、自分自身がプロ野球の選手だったことも素直に話せないような状態で、お客様の懐に入ってニーズを捉えることが満足にできなかったからです。上司からアドバイスいただいたり、様々な他業界の営業の方々と会ってお話ししたりする中で、相手のニーズや喜んでもらえるポイントを柔軟に考えられるようになってから、結果が出始めましたね。プロ野球選手だったことも、自分を知ってもらってお客様と同じ方向を向くために、自然と話せるようになりました。「お客様のためにできることを愚直に」今はこれが私の行動指針になっています。

Interview Story 01

同等の立場で関係性を築き、お互いの力を合わせて運用を成功に導く

豊かな人生を歩むには、人脈が大切だと思っています。この仕事を通していろいろな方と出会い、人脈が広がってきました。お客様には単に不動産投資の営業というだけでなく、それを超えた友だちや後輩などと思っていただけるよう接しています。営業だからといって下手に出るわけではなく、専門家だからといって上から見るわけでもない。野球から今の仕事に転職したとき、1人でできることは限られていましたし、周囲には何度も助けられました。だからこそお客様が何か疑問を抱いたとき、ぱっと頭に浮かんで気軽に連絡を取り合えるような関係性を築きたいと思っています。時には、不動産に限らず、お客様のお子様に野球を教えることもありますし、反対に私が相談をすることもあります。あるときは、医師のお客様に健康や病気の話を伺うこともありました。知って損することはありませんし、そういった会話から、相手に合った運用のスタイルを見出せることもあるんです。お客様とお話しさせていただく時には、お互いに同等な立場で人間関係を形成して、お互いの力を合わせて、一緒に良い投資・運用にしていく、その共同プロジェクトという想いで取り組んでいます。この感覚をこれからも大事に頑張っていきたいですね。

また、仕事を通して経済や社会問題などを勉強したことで、世の中の見方が変わってきました。仕事でもプライベートでも幅広い知識を得られたことが、自分の財産になっています。野球で学んだ礼儀や気持ちの管理が今の仕事に通ずると実感することも多くあります。また、これからもさらに多くの知識を蓄積していき、社会をもっといろんな角度から見ることができるように成長したいと思っています。

Interview Story 02

Interview Story 03

メンバーが夢や目標に向けて、
もっと挑戦できる環境を

今後は、自分がしてもらったように後輩や部下を私が支え、今まで学んだことを伝えていきたいと思っています。それぞれの自由な発想を大切にしてくれる社風があるので、自分のやりたいことに挑ませてくれる点は当社の魅力の1つです。もし上手くいかないときは、ちゃんと上司が支えてくれます。後輩にもそう思ってもらえるような信頼関係を築き、みんなが気持ちよく仕事に取り組める、そんなチームをつくりたいですね。
また、そういったメンバーの挑戦がきちんと会社の成長に繋がるよう、会社の今後の経営方針などをできる限り共有し、より的確なアドバイスをしていきたいと思っています。お客様や他のメンバーにとって、ともに夢を叶えるパートナーでありたいです。

また、長い間野球に取り組んできたからこそ、それぞれの適性に合った役割を全うし、全員で大きな目標を達成したい、という気持ちが根幹にあります。野球において甲子園がそうであったように、仕事でも目標を達成したからこそ見える景色やその先で得られる成長がきっとあると思っています。
野球を通じてしか発見できなかったこともあります。また当社に入社して初めて学んだこともあります。どちらも私にとって大事な宝物です。その両方が揃って初めて、自分にしかできない働き方、自分らしい力の出し方ができるんだ、そう思って頑張っています。そうした自分の力で一つひとつ夢を実現してステップアップし、そのことで周囲の方に好影響を与える。まずは自分自身がそういう人間になり、より多くの人の夢を実現できるよう努力していきます。

1日のスケジュール例

  • 10:00 商談に向けた情報収集
  • 11:00 資料作成
  • 12:00 ランチ
  • 13:00 事務作業
  • 14:00 お客様先で商談
  • 15:00 帰社
  • 16:00 資料作成
  • 18:00 会議室で商談
  • 19:00 お客様と会食

People

Recruit

挑戦の数だけ成長できる。
さぁ、新しい一歩を踏み出そう。

Entry