GLOBAL LINK MANAGEMENT INC.

試行錯誤を重ね、
マーケティングで
業界を牽引する

2018年入社

金井 裕司

営業推進部
課長代理

Profile
WEB制作専門学校を卒業後、WEB制作会社ディレクター、健康・プライベートジム事業会社WEBマーケティング職を経て、2018年7月にグローバル・リンク・マネジメントへ入社。営業推進部マーケティング課にて、マーケティング業務を担当している。

ITやマーケティングの導入が遅れている業界に、考え方を浸透させる

WEB制作会社でディレクター職として勤務した後、事業会社でのWEBマーケティング職を経て当社に入社しました。投資用不動産という未経験の業種で、かつITやマーケティングの導入が遅れている業界でマーケッターをできるというのが、自分自身にとって大きな挑戦であり魅力だったのです。また、面談で現在の直属の上司と会ったときに、その人柄に惹かれたのもこの会社を選んだ理由の1つです。これからの課題やネガティブな要素まで飾りなく話してくれたため、面談の時点で、すでに入社してともに事業に向き合っているかのように感じました

マーケティングは、主にターゲットとなる潜在顧客を発掘する仕事です。顧客の心理を読んで当社のサービスを利用するユーザーのシナリオやストーリーを構築し、人を動かす仕組みを作り出します。不動産投資は金銭的にハードルの高い商品ということもあり、購買者の思いやニーズを把握するのがとても難しいです。そのためお客様と常に接している営業部の社員に話を聞いて、未来のお客様の姿を想像できるようにしています。

また、アンテナをめぐらせて、今から芽が出そうなメディアの中で、当社のビジネスと合いそうなものを常にリサーチしています。その後テストマーケティングをして失敗することもありますが、マーケティングにおいては失敗こそ財産です。業界きってのスピードで、最速での失敗事例と最多の成功事例のノウハウを積み重ねていくつもりです。広告やバナーの制作にはお金が掛かりますし、失敗を繰り返しながら最適解を探す手法は、まだまだ社内で理解してもらうには難しいと感じています。まずはマーケティングの考え方をもっと社内に浸透できるよう取り組んでいきたいと思います。

Interview Story 01

ビジョンを実現する方法を正しく知ってもらいたい

以前から、ぼんやりと定年退職したら奄美大島に移住する夢を描いていました。それはあくまでも「夢」だったのですが、入社して不動産投資の知識を得たことで、今では本当に実現できるものだと思えるようになっています。早くに投資用の不動産を購入すれば、定年を迎える頃にはローンが終わっています。そのため、その後は保有する不動産による安定収入が見込めるのです。老後に収入があれば、好きな場所に移住することもできますよね。
また、このようにビジョンを実現する方法を知人やお世話になった人たちと共有したいと思い、前職から関係を築いた企業様のために不動産セミナーを開いたことがありました。今ではそこから広がって、投資に関するより詳しい話を聞きたいという要望をいただくこともあります。周囲の方に知見を与えることで、お役に立てるのは嬉しいですね。

不動産投資というと、一攫千金のようなものをイメージする人が多いかもしれません。しかし、当社のビジネスは、どちらかというとローリスク・ローリターンの堅実な資産運用です。不動産投資について正確な事実・正確な情報を具体的に知ることなく、興味があるのに「食わず嫌い」の思い込みによってハードルが高いと思っている方も少なくないようです。ビジネスが好調であるが故に、オンライン上にネガティブなワードが波を立てるともあり、誤解も生まれやすい状態にあるのだと思います。そのような状況下で、価値を伝えたいターゲットに正しい情報を届ける必要があります。正しい情報を得て最適な選択ができる。そんな豊かな状態を提供できるよう、マーケッターとして取り組み続けたいと思っています。

Interview Story 02

Interview Story 03

マーケティングの精度を高め、
会社の成長を加速する

私の所属する営業推進部マーケティング課はまだ数人のチームなので、取り組む業務は非常に多岐に渡ります。これは、私の尊敬する人からの受け売りでもあるのですが、「楽でなく楽しく!」をモットーにしている私としては非常に面白い環境です。ゴールまでの過程で苦労したとしても、最終的に成果が出たときの楽しい感覚は他には代えがたいものです。この感覚を味わい続けることができたら、私にとっては理想の社会人ライフと言えると思います。

投資用不動産業界はまだまだデジタルマーケティングが定着していない業界です。コツコツと地道に成果を出していかなければ周囲に認めてもらうことはできません。しかし、社内で多様なビジネスを同時に進めるにあたり、それを加速させていくにはマーケティング力が必要です。だからこそ今のうちに、この業界でマーケティングの精度を高めておくことは会社にとって一つのポイントだと思っています。そして社内で新しくビジネスが立ち上がったとき、すぐさまマーケティング支援ができるようなマーケティング課を組成したい。どんなビジネスも成功に導くようにチャレンジしていくつもりです。

1日のスケジュール例

  • 10:00 前日のサイトアクセス解析
  • 10:30 WEBサイトのメンテナンス
  • 11:00 商談
  • 12:00 資料作成
  • 13:00 昼食
  • 14:00 商談
  • 15:00 新しい集客施策の企画書制作
  • 17:00 上長との共有MTG
  • 18:00 週次レポート作成

People

Recruit

挑戦の数だけ成長できる。
さぁ、新しい一歩を踏み出そう。

Entry