GLOBAL LINK MANAGEMENT INC.

最高のチームを作り、
世の中に新しい価値を
生み出す

2013年入社

金 星君

海外事業部
次長

Profile
デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科を卒業後、2013年度にグローバル・リンク・マネジメントに新卒入社。アセットマネジメント営業部に配属となる。4年間同部署で積んだ不動産販売の経験を活かし、現在は海外事業部にて新規プロジェクトの企画に携わる。

若手でもやりたいことを主張し、実現できる環境へ

私は大学進学を機に中国から日本に来ました。日本で就職活動を始めた際、最初は様々な大手企業のインターンシップに参加しました。就職活動の軸は、「ゼロから新しいものを生み出す仕事ができること」。自分のアイデアを活かしてまだ世の中に存在しないサービスを作り提供することで、社会に貢献したいと思っていました。しかし、インターンシップに参加した会社では若手にあまり発言権がなく、もっと主体的にアイデアが出せる環境で働きたいとの思いから会社を探し直すことに。

色々な会社を見ている中で、当社を知り、説明会に参加することにしました。話を聞くうちに、積極的に挑戦し事業を拡大してきた背景や、今後も新しい事業を作っていきたいという会社の方針に惹かれました。何より良かったのは、会社として人を大事にする文化が根強くあったことです。挨拶が活発でない会社もある中で、当社には先輩が偉ぶることなく後輩と気さくに挨拶したり、話しかけたりする風通しのよさを感じ、ここでならやりたいことが主張できて自分の想いを実現できそうだと思いました。

Interview Story 01

日本が抱える課題を解決するために事業を立ち上げる

入社して最初の4年近くは営業部に所属し、マンション販売の経験を積みました。生まれ育った母国とは言葉も文化も違う国であり、かつ、そこで学生から社会人になったことで、環境が大きく変わり、周りの物事全てが新しく感じましたが、慣れるために必死に勉強を重ねました。また業界についても何も知らなかったので毎日必死で仕事をしていました。

2018年1月からは、自身が立ち上げた海外事業部の責任者として、海外事業に関する新規事業の企画を行っています。この部署のミッションは、海外のお客様に日本の不動産を販売し、住んでもらったり投資してもらったりすることです。現在は6人のメンバーで複数のプロジェクトを回しています。立ち上げの際に私が着眼したのは、日本の労働人口減少に伴い、移住労働者を受け入れる政策が動いているのにも関わらず、彼らに向けた不動産販売を手掛ける人が少ないことでした。この実態に対する取り組みは対応している企業も少なく、ビジネスになると考え、海外戦略を考える新しい部署を立ち上げたいと経営陣に提案しました。

こうして立ち上げた海外事業部にて、2019年1月1日より開始した、新規サービスの一つが、海外から日本に来た留学生に対し、よりよい物件を提供できるようにするサービスです。留学生が日本で住居を探そうとすると、入りやすい寮は住環境が劣悪なものが多く、一方で市場に出ている賃貸物件や優良な寮は審査が厳しくなかなか入居できないといった実態も多く聞かれます。このプロジェクトは、そんな現状を改善したいという想いから生まれました。おかげさまで、留学生向けのこのサービスは、多くのお問い合わせをいただいていており、非常にニーズがあるサービスだと感じています。あらゆる部署から集められたチームメンバー全員で協力し、今後も不動産を買った人、貸す人、そしてそこに住む人と関わる全ての人を豊かにできる事業づくりを行っていきたいです。

Interview Story 02

Interview Story 03

お互いを尊重し、
自走できる組織をつくる

現在私が力を入れて取り組んでいるのは、よりよいチームを作ることです。部署を立ち上げるまでは、自分の仕事に打ち込むばかりで、あまり人とのコミュニケーションに時間をかけられていませんでした。しかし、よいチームを構築するためには、仲間同士がお互いのことをよく知り、信頼関係を築く必要があります。そこで今は、仲間と一緒に過ごす時間を増やし、日々のコミュニケーションを大事にしています。

コミュニケーションを取る上で気をつけているのは、メンバー全員が仕事もプライベートも両方大事にできるように、オンとオフを切り替えられる雰囲気を作ること。例えば食事などの楽しい交流の場では一切仕事の話はせず、家族のように親しく接します。事業部のトップと社員という上下関係ではなく、それぞれ違うアイデアを持つ人間同士として尊重し合う空気をつくることで、いいチームが作れると考えています。

将来的に実現したいビジョンは、自身が立ち上げた海外事業部を子会社化することです。より多くの人を豊かにするために、子会社化することで事業を進めやすくなると思うからです。そのために、今後も個人の力を活かせるチームを作れるよう、メンバーがそれぞれの得意なことを活かして互いの足りないところを補い合える環境づくりに力を入れていきたいと考えています。

今は入社当初思い描いていた目標に向かって働けているので、毎日がとても楽しいです。今後も周りの仲間と自分のやりたいことや得意なことを組み合わせて、新しいものを生み出していきたいです。

1日のスケジュール例

  • 10:00 電話会議・商談
  • 11:30 資料作成
  • 12:00 ランチ
  • 13:00 海外展開協力者との商談
  • 14:30 事務作業
  • 15:00 部内MTG
  • 16:00 資料作成
  • 16:30 物件案内・交渉
  • 18:30 お客様と会食

People

Recruit

挑戦の数だけ成長できる。
さぁ、新しい一歩を踏み出そう。

Entry