GLOBAL LINK MANAGEMENT INC.

目の前のことに全力を。
その先にある人生の
目標を達成するために

2019年中途入社

髙橋 賢史朗

アセットマネジメント営業部

Profile
大学時代は野球に打ち込み、法政大学法学部国際政治学科を卒業後、家具メーカーに新卒入社。2019年にグローバル・リンク・マネジメントに転職し、アセットマネジメント営業部にて投資用不動産の販売・資産運用の営業に携わる。

大学野球で培ってきた姿勢を
営業の仕事に活かしたい

私は大学4年の夏まで野球に打ち込んでいたため、ほとんど就職活動ができない状況でした。社会人野球に進むことも考えていたのですが、結果的に諦めざるをえなくなってしまったため、野球部の監督の紹介で子ども向け家具メーカーに就職することにしました。なんとなく入社してしまったことで、しばらく仕事を続けるうちに自分が今本当にやりたいことをやれているのかと疑問を抱き、将来についても不安を感じたことで改めて自分の人生に向き合い、転職活動を始めたのです。
そんな矢先、たまたま参加した野球関係者の集まりで当社の社員と知り合いました。

彼は元プロ野球選手で、年齢も私と同じだったこともあり彼が携わっている「不動産投資の営業」という仕事に興味を抱きました。実際の仕事内容や会社の成長について話を聞くうちに、創立15年で東証一部上場を果たしたこの会社であれば、私が求めるキャリアも実現できそうだし、仕事内容も人の役に立てそうだと思い、入社を決めました。

営業の仕事は、野球に近い部分があると思っています。野球では練習を重ねる中で、自分なりに考えた型をつくることで、自信を持って試合に挑めます。営業の仕事でもただ先輩や上司の真似をするだけでなく、自分の頭で考えて、やるべきことを実践していけば、必ず結果がついてくると思っています。私が野球を通して学んだ経験を、営業の仕事でも活かしていきたいです。

Interview Story 01

様々な生き方に触れることが、
お客様への提案に活かされる

不動産は人の人生に深く関わるものです。だからこそ、ただ商品を売るだけではなく、一人ひとりのお客様のライフプランに寄り添った提案をすることがとても大事だと考えています。そうすることでお客様に新たな選択肢が生まれ、そのお客様の人生がより豊かになるはずだからです。

実際に入社間もない頃、たまたま友人が不動産投資を検討しているとのことで、話を聞いてみたところ、他社から提案されているプランについて迷っていることがわかりました。そこで私は友人の悩みを聞いた上で、私にできる最大限のプランを準備して、新たな選択肢を提案したところ、悩みが晴れた表情を浮かべ、当社で購入を決断してくれました。契約後、「あのとき話してくれて本当にありがとう」と言われたときは、大切な友人の人生の豊かさに貢献できたと感じ、心から嬉しかったです。

私の仕事は、新規のお客様に営業させていただくことが多いので、大勢の人が集まる場所に積極的に参加するようにしています。例えば投資セミナーや異業種の方との交流会に行くと、経営者やお医者様など様々な業界の方とお会いできます。そこで仕事や生き方についてリアルに知ることで、自分の周囲だけでは知ることのできなかった世の中の情勢について学べることや、何より様々な人の価値観についてサンプル数を自分の中に増やすことができます。その結果、お客様のライフプランニングをする際、相手が何を求めているのかをよりはっきりと描けるようになり、提案の幅が広がり、質も向上しているのを実感しています。

また、人脈を広げていくことも大切にしています。自分が何か行動を起こそうと思ったとき、それまで築いてきた人脈が活きてくるはずだからです。たくさんのお客様のライフプランを考えていくためにも、また自分のキャリアを考えるためにも、今はとにかく多くの人に会うことを心がけています。

Interview Story 02

Interview Story 03

自分の人生の目標に向け、
努力を惜しまず、今を頑張る

現在の私の目標は、営業部内でトップの成果を出し続けることです。提案の幅も質も向上したとお話ししましたが、今後もスキルアップをし続け、その自信をもとにより多くのお客様の豊かさに貢献することで、信頼を勝ち得ていきたいと考えています。

前職ではB to Bの業務だったため、新規のお客様を探すことに頭を使うことはあまりありませんでしたが、新規のお客様を開拓することがメインなBtoC営業の現在は、新たなお客様と出会うために、自分がどのように動くべきかを常に考えています。また、世の中のお金の流れや税金の知識など、日頃からお金に関する情報を吸収するようにもしています。営業の仕事も野球と同じで、練習なしに結果は出せないので、努力を惜しまず、目標に向けてやるべきことを着実に取り組んでいる最中です。

この会社は一部上場をしましたがベンチャー気質も残っているので、皆がスピード感を持って主体的に行動し、色々なチャレンジができます。今はこの環境下で様々な経験を積み、将来的にはマネジメントに携わりたいと思っています。部下を指導する立場になってはじめて見えてくることがあるはずです。実はさらにその先の目標があり、将来的には独立起業を見据えています。その実現のためにも、今の環境で成果を出し続けることが、一番の近道だと考えています。目の前の仕事で成果を出せなければ、マネジメントや独立はできないですから。

前職の頃の私は、特に目標もなく日々なんとなく過ごしていました。しかし、当社に入社し、「トップセールス」や「独立」という明確な目標ができてからは、常に前向きでフットワークも軽くなりました。これは、自分のビジョンを持ち、その実現を目指していく人が多い当社の環境に感化されたこともあります。将来を不安に思うより、「こんなことがしたい」と自分の未来のイメージが具体的に膨らむようになりました。未来に向けた目標があるからこそ、今を精一杯頑張れています。

1日のスケジュール例

  • 10:00 上司に案件の進捗報告
  • 11:00 ニュースチェック、情報収集
  • 12:00 ランチ
  • 13:00 商談資料作成
  • 14:00 既存のお客様先に訪問
  • 16:00 商談内容の整理
  • 17:00 新規のお客様先で商談
  • 18:00 移動
  • 19:00 お客様と会食

People

Recruit

挑戦の数だけ成長できる。
さぁ、新しい一歩を踏み出そう。

Entry