GLOBAL LINK MANAGEMENT INC.

伸びしろのある
会社だから、
描ける成長がある

2015年新卒入社

加藤 優志

開発事業部

Profile
神奈川大学経済学部経済学科を卒業後、2015年度にグローバル・リンク・マネジメントに新卒入社。アセットマネジメント営業部、ビルマネジメント課を経て、現在は開発事業部で開発用土地購入、分譲マンション企画、ホテル企画等の開発に携わる。

自分の仕事が地図に残る喜び

私は学生の頃から、人が生活していく上で基本となる「衣食住」に携わる仕事に就きたいと考えていました。中でも「住」への関心が強く、大学を選択したときから不動産業界を志望していました。また、不動産業は他の業種よりも扱う金額が大きく、規模の大きい仕事ができそうなことにも魅力を感じていました。その業界で「しっかり稼げる」社会人になりたいと思っていたので、自分が努力して生み出した成果の分だけ、報酬に反映される当社の評価制度にも惹かれ、当社への入社を決めました。

入社後は稼ぐ実力をつけるため、営業職としてがむしゃらに働きました。もともと人と話すことも好きでしたし、お客様のライフプランに寄り添うことにやりがいも感じておりました。その後、1年ほど経った頃に開発事業部へ異動することができ、就職活動時にイメージしていたデベロッパーとして不動産に携わりたいという想いが実現しました。

現在も同部署で働いています。学生の頃に憧れていた業務に携われていることもあり、誇りと責任を持って取り組んでいます。開発の仕事は扱う金額も大きいですし、開発した土地にマンションが完成し、それが地図に載ったときが何より心躍ります。私は仕事を通して社会に影響を与えることの喜びや、大規模な開発をやり切ったときの達成感を求めていたのだと、あらためて実感しています。

Interview Story 01

相手のWINに想いを馳せ、
笑顔になれる関係を築く

開発事業部では、開発用の土地を購入する交渉から始まり、物件購入に向けて様々な細部の調整を行い、購入後は打ち合わせを重ねながら、スケジュールと段取りを決めて開発を進めていきます。

不動産の開発は、様々な方々と深く関わりながら、長い時間をかけて一つの物件が完成します。そのため、関わる全てのステークホルダーの「豊かさ」に貢献するという想いを、常に意識しています。
そう意識するきっかけは社長の存在です。常にその思想を体現しようという姿勢を目の当たりにしたことで、私自身の仕事の捉え方が変わりました。例えば、購入予定の土地について社長と打ち合わせをする際、事業として利益が出るのかはもちろんですが、「その土地を買うことで本当に売ってくれた人は幸せになるのか」「土地を活用して新たな幸せを生み出せるのか」といった視点で議論をします。

自分のことだけでなく、相手に対して価値を提供できてなければならないという考えが当たり前で、そのような環境下で仕事をするうちに、相手のWINを考える習慣が、自然と身につきました。この仕事をするまであまり意識していませんでしたが、私自身、相手のために考えて行動することがこんなにも自分にとってやりがいに繋がるとは思いませんでした。

実際に、仕事の中で相手のことを考えて提案し、双方がWIN-WINの関係になり、お互いに笑顔になれた瞬間は非常に強く心に残っています。

Interview Story 02

Interview Story 03

一部上場後も挑戦を続ける会社で、
私自身も挑戦を

これまで私はマンション開発に特化して仕事をしてきましたが、会社としては、ホテルや商業施設など幅広く開発していくビジョンがあります。その分野については、まだまだ私は未熟なので、若手と言われる今のうちに色々な経験を積んで、仕事の幅を広げていきたいと思っています。マンションだけでなく、時代の変化や社会のニーズに応えられるさまざまな不動産を開発し、より便利な世の中を作ることに貢献したいです。

そのためにも私たち20代の世代が実績を作って認められ、業界を先導すべきだと考えています。不動産業界も状況は目まぐるしく変わっており、新しい世代が新しい感覚でプロジェクトを進めることで、これまで生み出せなかった価値が生まれると考えているからです。

会社自体も一部上場を果たしたとはいえ、まだまだ成長しきっていないと思っています。それは、大きな伸びしろがあるということ。新たな事業に積極的にトライしていこうという姿勢は、創業期から一貫しています。

数千人規模の成熟した大企業と違い、この会社は社員一人ひとりの顔が見えますし、みんな仲が良く、自分の意見を言いやすい社風です。創業期からのメンバーが各部署を引っ張ってくれているので、そうした先輩たちのリアルな働く姿を見ることで若手も成長できますし、これからさらに会社が大きく成長していく期待感がある中で働く楽しさがあります。

私は入社5年目の成長過程にありますが、私たちの世代が中心になって業界を牽引していくためにも、上司からも後輩からも、また社外の人からも信頼される人間になりたいです。信頼が得られるように、一つひとつの仕事に真摯に向き合っていきたいと思っています。

1日のスケジュール例

  • 10:00 メール対応
  • 11:00 取引先と案件着工準備
  • 12:00 移動&ランチ
  • 14:00 取引先と案件交渉
  • 16:00 担当案件の整理
  • 17:00 契約書等の書類作成
  • 19:00 取引先との会食

People

Recruit

挑戦の数だけ成長できる。
さぁ、新しい一歩を踏み出そう。

Entry